立地条件の違い

教習所と言えば、一般的には地元にある通学タイプのものを指します。自宅から通えるため、普段の生活を送りながら免許取得を目指せるというものです。これに対し、最近では合宿免許が人気となっています。人気の理由として最も大きなものは費用が安いということです。では何故合宿免許は通学タイプの教習所に比べ、安い費用となっているのでしょう。

教習所まずは、立地です。通学タイプの教習所は自宅から通える距離にあるわけです。つまり、住宅地に近く、交通の便もよい市街地近郊にある場合がほとんどとなります。立地がよければ、当然地価も高くなりますので、初期投資や維持費は相応の額が必要です。これを回収するためには、料金を高めに設定しなければいけません。

しかし合宿免許の場合、その立地は地方の郊外ということがほとんどです。市街地に比べると地価はかなり安くなりますので、初期投資額も低く抑えられますし、維持費に関しても同じことが言えます。宿泊施設も、大勢の教習生を確保できるため、コストも無駄がでず、それにより低料金での宿泊が可能となるのです。また、地方は物価も安いため、総合的に経費がかからないわけです。こういった理由により、安い費用で合宿免許の利用ができるのです。